サイトメニュー

子供から大人まで有効です

診察

孤独感や不安を癒す効果があります

ぬいぐるみはクマや猫、うさぎなどの動物の形をしており、柔らかい手触りが特徴です。小さいお子様や赤ちゃんの玩具というイメージがありますが、孤独や不安感を癒す効果があります。ぬいぐるみに声を掛けたり、触れたり、抱きしめることで、心身を癒す効果があります。現代はストレス社会になっているため、うつ病や不安神経症などの病気に罹る人が増加しています。ぬいぐるみ療法はうつ病や、不安神経症、アダルトチルドレンなどに有効だと言われています。大人になってからも、子供の頃から愛着を持っているぬいぐるみを持っている人も多いです。高齢者も病気や、配偶者、家族との死別などが原因で、うつ病に罹る人が増加しています。ぬいぐるみ療法は高齢者にも有効なので、低刺激でお肌に優しい素材を使用したぬいぐるみをプレゼントしてあげるのもお勧めです。子供の頃は、辛いことがあると大人が抱きしめてくれましたが、成長と共にスキンシップは無くなってきます。ぬいぐるみを抱きしめたり、触れることで心身を安定させることが出来ます。

ぬいぐるみ療法は、うつ病や不安神経症などの精神疾患や、心にトラウマを持った大人のアダルトチルドレンにも有効です。アダルトチルドレンはうつ病などの精神疾患に罹りやすい傾向があります。ぬいぐるみはデパートの玩具売り場や、インターネット通販などでも、安価で購入できるのが魅力です。自分の好みの顔立ちや体型、肌触りのぬいぐるみを購入することで、愛着を感じやすくなります。ぬいぐるみ療法は、小さなお子様から大人、高齢者まで有効です。現代は精神疾患に罹る人が増加しているので、精神科や心療内科を受診するのに、抵抗を感じなくなっている人も増加しています。内服薬やカウンセリングなどの治療を続けることも大事です。ぬいぐるみ療法は、精神的に落ち込んだり、寂しさを感じている時に抱きしめたり、頬ずりをしたり、一緒に寝ることでストレスを緩和する効果があります。欧米諸国などでは、ぬいぐるみ療法は大変有効な治療法になっています。大切な人にぬいぐるみをプレゼントするのも良いでしょう。

Copyright© 2019 自信がなくなっているのならかわいいぬいぐるみに癒されよう All Rights Reserved.